中日八木の復活についてネットまとめ
戦力外だった八木の復活勝利に涙
 

 ◇セ・リーグ 中日3―0広島(2015年4月4日 ナゴヤD)

 昨オフにオリックスから戦力外通告を受け、トライアウトを経て今季から中日でプレーする八木は、「1回死んでまたこうやってこういう舞台でまた野球できることに感謝して、また次も全力でいきたいと思います」と目を潤ませた。

【写真】八木は2012年ぶりの白星にお立ち台で絶叫

 1回1死二塁の場面では2者連続三振、5回1死一、二塁の場面も左邪飛、三振。低めへの変化球の制球がさえ、7回を投げて積み重ねた三振は10個。プロ初の2桁奪三振というおまけつきだった。

 05年ドラフトの希望枠で日本ハム入り。プロ1年目は12勝を挙げて新人王を獲得する華々しいデビューを飾ったものの、その後は1年目を超える投球ができず、13年からはオリックスでプレーしたが2年間で1勝もできず戦力外に。トライアウトでの好投が評価され、中日で開幕から先発ローテ入りを果たした。

 日本ハム時代の12年7月26日のソフトバンク戦以来982日ぶりの白星を挙げてのお立ち台で「いろんな気持ちありますけど、本当にまた大好きな野球をできるってことに感謝して、楽しんでいこうと思って投げました」とかみしめるようにコメント。長らく浴びていなかったファンの大声援には「最高でーす!」と叫んで応えた。

 谷繁監督はこの日の八木の投球に「いい角度でいい高さにいっていたので、安心とまではいかないがしっかり投げているなと見ていた」と評価。「きょうだけじゃなくてキャンプから必死に練習に取り組んでいて、僕が思っていた以上に野球に常に向き合っている。頑張ってほしい」と目を細めた。

 

昨年のTBSの戦力外の番組で話題になった

エースは俺だ