横浜高校野球部、渡辺監督退任ニュースまとめ
 

 ◇横浜・渡辺監督、今夏限りで退任

 ▼ヤクルト・松井打撃投手(96年度卒)「目標がその日その日を支配する」といつも言われていたことが印象的。

 ▼DeNA・後藤(98年度卒。同年、松坂とともに春夏連覇)人間力やまとめる力、全てを兼ね備える監督。最後の甲子園で優勝して有終の美を飾ってほしい。

 ▼ロッテ・涌井(04年度卒)体調を崩していたので早くゆっくりしてほしいとは思っていた。僕をプロに導いてくれた一生の恩人です。出会っていなければプロには入れていなかった。

 ▼中日・福田(06年度卒。同年センバツ優勝時の主将)寂しい。今年も開幕してすぐに連絡を頂いてお話しさせてもらった。中学時代に初めて話をした時、会った瞬間にオーラに圧倒されました。

 ▼DeNA・筒香(09年度卒)精神面のことで高校時代に教えてもらったことが今に生きている。

 ▼日本ハム・近藤(11年度卒)礼儀には厳しく、人として当たり前のことを教えていただいた。

 

 ◇横浜・渡辺監督、今夏限りで退任

 礎を築いてくれた恩師、渡辺監督の勇退。右肩筋疲労でリハビリ中のソフトバンク・松坂は、西戸崎合宿所で渡辺監督から退任の報告を受けていたことを明かし「体調を崩されていることは聞いていました。監督さんから聞いた時はあまりにショックが大きくて言葉が出てこなかった」と静かに話した。

 「目標がその日その日を支配する」。恩師の座右の銘は2年夏に神奈川大会準決勝で敗れてからずっと心に刻む。3年時に甲子園で春夏連覇したが、センバツ優勝後にこう言われた。「頂上にいるが次の山に登るには頂上からは行けない。一度山を下りて、また下から登らないと頂上へは行けない」。その言葉は好調時には自らを戒め、苦境時には支えとしてきた。

 レッドソックスの世界一を懸けた07年のポストシーズン。2戦連続でKOされた後、立ち直って世界一に貢献した裏には「一念、岩をも通す」と書かれた恩師の手紙があった。9年ぶりの日本球界復帰に悩み抜いた際、電話をかけて相談した。「思い出はパッとは言えない」。それだけ重く濃い時間を過ごしてきた。

 「まだ終わっていないので、“お疲れさま”とはまだ言わない。最後、監督さんのために何が何でも甲子園に行くというつもりで選手がやってくれると思う。甲子園で、できれば最高の形で終われればいい」。松坂にとっても復活への戦いに、大きな意味が加わった。

 ◇横浜・渡辺監督、今夏限りで退任

 昨夏限りで現場を退いた横浜の元部長、小倉清一郎氏(70)は感慨深げだった。コーチ、部長として25年以上もコンビを組んだ名参謀は、退任を決めた渡辺監督の心情を思いやった。

 14日に病院に見舞いに行って、渡辺に会ってきました。やっぱり体調は悪そうでしたね。もう彼の体は、限界なんですよ。私が去年の夏に辞めてから負担が大きくなっていたから。無理したんでしょう。ただでさえ良くなかった体がさらに悪くなってしまった。

 私が辞め、渡辺も。寂しさはありますよ。これも時代だからしようがないんだろうけど…。でもね、渡辺だから、ここまでできたということもある。他の名門私立校のように、学校の方が野球部を援助してくれたわけではない。グラウンド以外の部分でも、いろいろと苦労があったから。

 だから、完全に辞めるというわけにはいかないと思いますよ。今の1、2年生には、いい選手がいっぱいいる。そういう選手たちへの責任もある。総監督というような立場であと2年は頑張ってもらわないといけない。野球部が衰退していってしまうのが一番困るので。

 渡辺にとっては最後の夏。ノーシードから8試合勝ち上がるのは厳しいと思うけど、望まれるのならデータ収集も含めて全力で協力したい。(元横浜野球部部長)

 甲子園春夏通算5度の優勝を誇る横浜高(神奈川)の渡辺元智(もとのり)監督(70)が、体調不良を理由に今夏限りで勇退することが14日、分かった。今後は総監督、終身名誉監督の立場で指導に携わる。後任は平田徹部長(32)が務める。渡辺監督は65年に同校のコーチに就任。68年に24歳で監督となり、今年で通算50年。「体が限界だった。選手には申し訳ない」と話している。

 苦渋の決断だった。渡辺監督は「心・技・体の『心・技』の部分はともにあったが、体がいうことを聞かなかった。もう体はガタガタだね。自分との葛藤だった」と明かした。昨夏に盟友・小倉清一郎コーチが退任した際、一緒に退任する考えもあったが「2人で辞めれば入ってきた1年生に迷惑がかかる」と踏みとどまり、指揮していた。

 現在は喉のポリープ検査などのため横浜市内の病院に入院中で、最近は月に1度の通院を欠かさなかった。朝起きれば足にしびれもあった。めまいなど軽いメニエール病の症状や腰痛も重なった。昨年のセンバツではインフルエンザで練習を欠席。「子供たちと寝食をともにするのが高校野球の監督。それができなくなった」とチームを離れたことへの責任が決断に大きく影響した。

 73年センバツで初出場初優勝。80年にはエース愛甲猛(元中日)を擁して夏初Vを果たした。松坂大輔(現ソフトバンク)らがいた98年には春夏連覇し、春に3度、夏に2度の全国制覇に導いた。甲子園通算51勝は歴代3位タイ。同校を強豪校に育て上げ、多くのプロ選手を輩出した。今年は同校を指導して50年。節目の年も勇退を考える一つの理由になった。

 今後は総監督、名誉監督としてチームを指揮する。「選手には申し訳ない。選手は私にとって宝。立場が変わってもアドバイスをしていく」と秋以降のバックアップも約束した。週明けの18日にも退院し、練習に復帰する予定。今夏の神奈川大会はノーシードで挑む。「これで終わりではない。早く夏に向けて、動き出したい」と指導熱は冷めていない。半世紀近い指揮官人生で、集大成の夏に挑む。