【悲報】武田勝引退・・・・俺のために優勝しろ
 

 ◇パ・リーグ 日本ハム3―1ロッテ(2016年9月30日 札幌D)

 日本ハムの武田勝投手(38)がレギュラーシーズン最終戦のロッテ戦(札幌D)後に引退セレモニーを行い、「俺のために日本一になれ!」と後輩たちにメッセージを送った。

 試合前に出場選手登録され、今季初登板初先発。ロッテの1番・清田をオール直球で3球三振に斬って取り、泣きながら投げたラスト登板を終了。マウンドに集まったナインと握手をかわして降板し、11年間のプロ野球人生に別れを告げた。

 試合後に行われた引退セレモニーではチームメートたちが「ぼくは幸せ者です 武田勝」とプリントされたTシャツを身にまとって見守る中、「11年前、自分の背番号と同じ38歳までプレーしたいという目標を立てました。そして、その夢が叶いました」と涙を浮かべながらも笑顔で一言。

 これまで支えてくれた仲間やスタッフ、ファンに感謝をささげた後で「最後にこれだけは言わせてください。僕はファイターズが大好きです。僕は北海道が大好きです」と続けると、「あと1つ!俺のために日本一になれ!」と声を張り上げた。

 23日に引退表明後は自ら「俺のために優勝しろ 武田勝」と書いたメッセージをベンチの壁に貼ってナインを鼓舞。28日に敵地で優勝が決まると、栗山英樹監督(55)に続いて胴上げされ、後輩たちの手で3度宙に舞った。この日はそんな後輩たちによる「11年間お疲れさまでした。みんなで勝さんの為に優勝してやったぞ!!」との手書きのメッセージも掲げられた。だが、武田勝はリーグ優勝だけでは満足しない。「俺のために日本一になれ!」。チームを11年間支えた元エースのラストメッセージ。夢の続きが日本ハムナインに託された。

 


「俺のために日本一になれ」挨拶全文

  

<日本ハム3-1ロッテ>◇30日◇札幌ドーム

 日本ハム武田勝投手(38)が現役最後の登板を終えた。先発し、ロッテ清田を空振り三振に斬った。試合後にはセレモニーが行われた。

【写真】現役最後の投球をする武田勝

 栗山監督を含め、全員が「武田勝Tシャツ」に着替えて見守った。中嶋聡GM特別補佐や、大野、宮西、増井、武田久から花束を贈られると目に涙を浮かべた。武田勝は「まず、泣いてしまいそうなので手紙を読みます」と話し、あいさつを行った。

 武田勝のあいさつは以下の通り。

 「本日はこのような時間を作っていただき、球団関係者の皆様、誠にありがとうございます。10年前、私は背番号と同じ38歳までプレーしたいという目標を立てました。そして、その夢は叶いました。チームとともに成長させていただき、ファンの皆様の声援のお陰でここまで来ることができました。うれしいこと、つらいこと、いろいろな経験が私にとってかけがえのない財産となりました。この経験を無駄にすることなく、今後はファイターズに、ファンの皆様に恩返しできるよう、日々精進していきます。今シーズンで私は引退しますが、ここにいる素晴らしい後輩たち、鎌ケ谷で頑張っている後輩たちがより強いファイターズにしてくれることを願っています。最高のチーム。最高の仲間たち。最高のスタッフの方々。そして、最高のファンの皆様。11年間私を支えて下さり本当にありがとうございました。最後になりますが、これだけは言わせて下さい。ぼくはファイターズが大好きです。ぼくは北海道が大好きです。あとひとつ、俺のために日本一になれ」。

 
 
1:2016/09/19(月) 05:03:30.12 ID:
日本ハムの武田勝投手(38)が今季限りで現役引退することが18日、濃厚となった。

日本ハム一筋で06年日本一を含め4度のリーグ制覇に貢献した通算82勝の技巧派左腕だが、11年目の今季はここまでプロ入り後初めて1軍登板なし。
17日には札幌市内で球団側と今後の去就について話し合い、ソフトバンクとリーグ優勝を争っている1軍で
有原、高梨、加藤ら若い先発陣が育っていることを把握。来季の戦力構想から事実上、外れていることを確認した。

15日のイースタン・リーグ、ロッテ戦(ロッテ浦和)で先発し、5回3安打1失点と好投。
れでも、試合後は「今日が最後になるかもしれないと思って投げた」と球団との会談によっては世代交代を受け入れる覚悟も示唆していた。

05年大学・社会人ドラフト4巡目でシダックスから入団した武田勝は、09年から4年連続2桁勝利を挙げ、
ダルビッシュ(現レンジャーズ)とともに「ダブルエース」と呼ばれ、13年には開幕投手も務めた。
今後は自宅のある東京で家族や関係者と相談するが、最終的には気持ちを整理させたところで最終決断を下すことになりそうだ。

◆武田 勝(たけだ・まさる)1978年(昭53)7月10日、愛知県生まれの38歳。
関東第一では1年夏に控え投手として甲子園出場。
その後、立正大から社会人のシダックスへ進み、03年都市対抗準優勝。
05年大学・社会人ドラフト4巡目で日本ハムに入団。1年目の06年3月26日の楽天戦でプロ初登板初勝利。
通算成績は243試合で82勝61敗1セーブ、防御率3・02。1メートル76、73キロ。左投げ左打ち。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000160-spnannex-base
スポニチアネックス 9月19日(月)5時0分配信




成績
9:2016/09/19(月) 05:10:10.18 ID:




すみません写真です
80:2016/09/19(月) 08:32:36.51 ID:
相変わらずハムの見切りの速さと来たら…
生え抜きの功労者でも容赦ないよね。ここ
116:2016/09/19(月) 10:01:53.87 ID:
吉川を抑えに回すくらい
左腕王国になったし
戦力外もやむを得んか


引用元:



スポンサードリンク