【悲報】鈴木尚広引退まとめ
 
【巨人】秋季練習スタート、引退の鈴木尚広は円陣であいさつ

 巨人が17日、ジャイアンツ球場で来季のV奪回に向けた秋季練習をスタートさせた。

 10日にCS第1S(東京D)でDeNAに敗退後、前日16日まで休養日。由伸監督、村田ヘッドコーチら首脳陣、阿部、村田、坂本、内海、沢村、菅野ら主力選手も含め、外国人をのぞき、チーム全員が1週間ぶりに集合した。雨のため室内練習場の限られたスペースでの練習となったが、野手陣はティー打撃、投手陣はキャッチボールやダッシュで汗を流した。

 練習前には、今季限りで現役を引退する鈴木尚広外野手(38)が円陣の中央でナインにあいさつ。引退を報告するとともに、「不器用なので、(グラウンド上で)話しかけづらいオーラを出してしまい、すみませんでした」と冗談交じりに話し、ねぎらいの大きな拍手を送られた。

 

 鈴木尚広の母・とし子さん手記・・・・「怪我のデパート」ここまでできるとは思わなかった

 巨人・鈴木尚広外野手(38)が13日、都内のホテルで会見し、現役引退を表明した。鈴木の両親は、福島・相馬市内で焼き肉店「すずや精肉店」を経営。自宅兼店舗で無休で働き、鈴木が最も尊敬している存在だ。今回の引退を受け、母・とし子さん(62)がスポーツ報知に手記を寄稿。野球人生を振り返りながら、周囲への感謝の思いをつづった。

【写真】スゴイ~尚広の太極拳ベストショット

 10月10日。東京Dでデーゲームが終わった後、電話で「やめるから」と報告を受けました。その後、23時半頃に車で福島の実家に来てくれて、家族で話をしました。寂しい気持ちもありましたが、本人が笑顔で「悔いはないから」と話しているのを見て安心しました。ここまで息子を支えてくださった方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 小さい頃はやんちゃで、落ち着きがなく、手のかかる息子でした。よく父(静雄さん=65)に怒られ、往復ビンタ3、40発なんて当たり前でした。ただ、周りに流されない部分は彼のいいところです。高校の時は友だちが遊んでいても勉強をしていたり、自分を貫ける強さはありました。

 20年前の1月14日。ジャイアンツ寮で見送った後、涙を流しながら電車で福島に帰りました。家を出たこともなかった田舎の息子でしたから。最初の5、6年は「けがのデパート」と言われるほど故障との闘い。当時は主人と2人で手紙を寮によく送っていました。主人が「辛抱した木にいつか必ず花が咲く」、「怠けず裏表なくやりなさい。誰かが必ず見ているから」と書いた紙を、尚広は部屋に貼っていたみたいです。

 そんな息子がここまで野球をできるとは思ってもいませんでした。20年もプロの世界に置いていただき、感謝しかありません。野球ばかりやってきて「井の中のかわず大海を知らず」ですから、今後は大きな懐を持って生きてほしいです。目線は高く、頭は低く。見聞を広げ、人のいいところをたくさん見いだし、人を育てられる人間になってほしいと願っています。

 
 【巨人】鈴木尚広引退・・・番記者が見た「睡眠わずか1時間でも5時に起床」

 ナイターでもデーゲームでも、鈴木は健康のために毎朝5時に起きていた。以前、「何でそんなにストイックなんですか」と聞くと、首を横に振って即答した。「好きでやってるから。ストイックっていう言葉は違うと思うんだよね。仕事だし」。プロ意識の高さを痛感した。

 盗塁は走っても30メートル弱。そこで0・01秒でも速く走る努力に没頭した。「陸上のトラック競技と違って走塁は技術でカバーできる。そこが面白い」。38歳の今年、20メートル走のタイムが昨年より速くなり、ナインから「変人だ」と驚かれた。

 体調面では、状況によって断食、朝食は水だけ、昼食抜き、夕食後12時間は何も食べないなどを使い分け、独自の理論で鋼の肉体を築いた。「胃腸も休みが必要。人間が1日3食って誰が決めたの」。これってストイックと言うのでは…。

 こんな男も、たまには気分転換したくなる。あるナイターの試合後、焼き肉店に午前3時半まで滞在。酒は飲まないから、一緒に肉を食べ続けて野球の話をした。終電はなく、尚広さんの部屋に泊めさせてもらった。翌日は移動日。ゆっくり寝ると思いきや「5時に起きるぞ」。本当に1時間ほど寝て5時に起床し、シャワーを浴び始めた。引退しても不摂生な生活など想像できない。(巨人担当・片岡 優帆)



神の足引退




【ズムサタ】巨人鈴木「20メートルならボルトに勝てる」  






早くコーチになって欲しい


スポンサードリンク