プロ野球2chまとめブログ

プロ野球ファンがお伝えする…徹底的プロ野球まとめブログ

    スポンサードリンク

    巨人軍

    5


    【速報】パチスロ卒業w短時間で60万円稼いだけど質問ある?



    原辰徳

    原 辰徳はら たつのり、1958年7月22日[1] - は、福岡県大牟田市出身[2]、神奈川県厚木市、相模原市南区育ちの元プロ野球選手内野手、外野手。現在は読売ジャイアンツ監督、同球団名誉顧問。 1980年代から1990年代中盤にかけて巨人の4番打者を務め、ON時代後の巨人を支えた。監督としてもチームを3度、日本一に導いている。2009年にはワールド・ベースボール・クラシック日本代表の監督を務めた。また、2008年より国際武道大学の客員教授も務める[3]。愛称は「平成の若大将」、「ヤング・ミスター」ほか。ウィキ

     
     原辰徳YOUTUBE
    【原辰徳】の続きを読む

    5


    【速報】パチスロ卒業w短時間で60万円稼いだけど質問ある?

     巨人・内海哲也が日の楽天戦東京ドームに先発し、回無失点。チームも―で勝ち、試合目の先発にしてようやく今季初勝利を挙げた。

     開幕からか月間、白星から遠ざかっていただけに「今まで苦しいしかなかった。一番苦しんだ勝だし、勝つって本当に大変だなと感じた勝だった」と振り返った。原辰徳監督は「私を含めて胸のつかえといいますかね、チーム全体がそういうものがあったと思います。勝目とはいえ、彼にとっても忘れられない勝になったし、チームとしても非常に大きな勝ちだった」とエースをねぎらった。

     内海自身からすれば“チームに迷惑をかけた”思いでいっぱいだろうが、チーム関係者は「実はこの勝てない期間で、チーム内で内海の株がグッと上がったんだ」という。

    「勝てないと声もかけられないほど悲壮感を漂わせる時もあった内海が、今回は明るく周囲に接していた。調整法なども一切変えず、ひたすら流れが来るのを待つ姿に、慎之助阿部も『勝でもルーティンを変えずに同じペースでやっているから偉いよ』とひそかにたたえていたほど」関係者。最悪の状態にもジタバタせず周囲を気遣う姿が、かえって内海の求心力をアップさせていたという。

     杉内は「内海、すごいと思うんですよ。僕は勝てないと下を向いて何かにぶつかってますもんね。気持ちが落ちるタイプだから。僕は最長でも試合くらいなんですよ、勝てない時期はそれでも大変だった。か月とか想像できない。すごいですよ。勝てないショックは大きいでしょうけど内海は前を向いているから」。杉内も負けるととことん落ち込んでしまうタイプだけに、内海の必死に前を向く姿勢に少なからず影響を受けていた。

    「試合でも多く勝てるように、これからチームに恩返ししたい」と、フル回転を誓った内海。本人だけでなくチームにとっても、負け続けたか月間は決して無駄ではなかったか。

     

    YOUTUBEにはこんな動画も!!

     

    プロ野球の読売ジャイアンツ 対 千葉ロッテマリーンズ2回戦 内海また勝てず5敗目ジャイアンツ敗退。。。
     
     
    の評価
     
    173 :2014/05/29(木) 13:01:42.43 ID:
    しかし今日内海に勝たせたい勝ってもらいたい。
    しかし連打も期待できないので、7回12失点で抑えんと
    厳しいだろうなあ。それでも怪しいレベルだし、打線が。
    179 :2014/05/29(木) 13:13:14.70 ID:
    村田ヲタ「村田は守備がいいし打撃も他球団の三塁手よりはマシ」 
     
    三塁手  打率 ops 
    ルナ (中日) .327 .920 
    川端 () .319 .838 
    今成 (阪神) .310 .781 
    小窪 (広島) .289 .771 
    (De) .251 .744 
    村田 (巨人) .249 .698
    【やっと勝利した内海|2chの意見は】の続きを読む

    1:2014/01/17(金) 08:33:48.44 ID:
    巨人は16日、都内のホテルでスタッフ会議を開き、
    巨人OBの松井秀喜氏(39)の宮崎キャンプ(2月1~13日)の臨時コーチ就任を正式発表。
    白石興二郎オーナー(67)は、今月10日に渡辺恒雄球団会長(87)、
    長嶋茂雄終身名誉監督(77)を交えた4者面談で、
    松井氏に将来的な監督就任を正式要請したことを明かした。

    渡辺会長「松井君は最適 いずれ大監督に」

    約1時間半のスタッフ会議を終えた白石オーナーは、
    10日に親会社の読売新聞東京本社で会ったことを明かした。
    渡辺会長に加え、恩師の長嶋終身名誉監督も交えた4者面談。
    その内容は将来の監督就任要請だった。

    「我々の気持ちは既に伝えてある通り。“巨人は両手を開いて待っているよ”ということは、
    私からも、渡辺(会長)からも言っておきました。ゆくゆくは監督として
    巨人軍を率いてくれることを切望しているわけだけれども、その気持ちに変化はありません」

    これまでも原監督の後継候補であることを明言してきたが、
    新年のあいさつを兼ねた場であらためて「球団の総意」を伝えた。
    白石オーナーは「松井君自身の判断だし、家族のつながりとか、そういうことも含めて
    将来の人生設計をどういうふうに考えるかで違う」と配慮を示したものの、レールは敷かれた。
    原監督は昨シーズン後に新たに2年契約を結んだ。
    第2次政権は、15年シーズンで節目の10年目を迎える。
    松井氏のコーチ入閣など、スムーズな監督への移行期間も視野に入れた上で、
    早ければ16年にも松井監督誕生となる。

    ソース:スポニチ(1月17日(金)5時31分配信)
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/01/17/kiji/K20140117007401790.html
    画像:巨人から将来的な監督就任を正式要請された松井氏


    関連スレ:【野球】巨人、松井秀喜氏が春季キャンプで臨時コーチに就任することを正式発表
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1389858472/
    【【野球】巨人が松井秀喜氏に監督就任正式要請】の続きを読む

    このページのトップヘ