プロ野球2chまとめブログ

プロ野球ファンがお伝えする…徹底的プロ野球まとめブログ

    スポンサードリンク

    巨人軍

    5
    巨人軍、野球賭博ニュースまとめ
     

     プロ野球界を揺るがせた野球賭博問題。コミッショナーが10日出した結論は、巨人3投手の無期の失格処分だった。調査の過程で、選手による隠蔽(いんぺい)工作や賭博の日常化という実態も見えてきた。

    【写真】険しい表情を見せる読売巨人軍の久保博社長=10日午後、東京都千代田区、角野貴之撮影


     日本野球機構(NPB)の調査委員会の調査結果報告書では、無期の失格処分となった巨人の福田聡志(32)、笠原将生(24)、松本竜也(22)の3投手による隠蔽工作も明らかになった。

     報告書によると、3投手は野球賭博が発覚しそうになった際、携帯電話から野球賭博のやり取りのメールを削除。野球賭博に誘った飲食店経営の男性と相談するなどし、賭けていたのは金銭ではなく食事だったとうその説明をするよう口裏を合わせた。その上で、巨人や調査委に対して「復元されたメールに金銭の記載があるとしても、それは冗談を言い合っていた」とうその説明をしていたという。

     

    《野球賭博》巨人に賭けの土壌…調査委、八百長懸念し厳罰

     プロ野球界を揺るがした野球賭博問題は、事態の発覚から1カ月あまりを経た10日、日本野球機構(NPB)の調査委員会による調査が終わり、関与した巨人の3投手や球団への処分が決まった。

     巨人の制裁金を1000万円とした理由について、熊崎コミッショナーは「過去の事例をくまなく調べた結果」とした。

     NPBによる制裁の過去最高額は3000万円。2000年の日本シリーズ期間に福岡ドーム(現ヤフオクドーム)を確保できなかったダイエー(現ソフトバンク)や、07年にアマ選手への不当な金銭支払いが発覚した西武に科された。1990年には、桑田真澄投手が登板日を漏らしたなどの問題で巨人に制裁金2000万円が科された。

     NPBの井原敦事務局長によれば、これら過去の事例では作為や虚偽報告があったのに対し、今回の巨人は「不作為だった」ことを考慮し、1000万円となったという。

     

    賭博の巨人3投手「やめられなかった」「償いきれない」

      野球賭博問題で巨人球団が発表した無期失格処分の3投手のコメントは次の通り。

     《福田投手》 初めは軽はずみな気持ちでやった。どうしてもやめられなかった。今まで支えてきてくれた人たちを裏切ることになって、本当に申し訳ない。

     《笠原投手》 いろいろな人の人生をメチャクチャにして、償っても償いきれない。死ぬまで引きずる。NPB、巨人の名前に泥を塗ってしまった。申し訳ない。

     《松本投手》 自分なりに反省している。いろんな人たちに申し訳なく思っている。興味本位で手を出してしまった。すみません。

     

     

    1:2015/11/10(火) 22:25:53.86 ID:
    巨人は10日、野球賭博に関与した福田聡志投手(32)、笠原将生投手(24)、松本竜也投手(23)がNPBから
    無期限失格処分となったことを受けて都内で会見を行い、球団内の処分を発表した。

    出席した久保博球団社長は、同社長と桃井恒和会長について期限を設けず当面の間、取締役報酬を50%減俸とすることを発表。
    また、渡辺恒雄最高顧問、白石興二郎オーナーは、2カ月間の取締役報酬を自主的に全額返上とすることを明らかにした。

    また、会見に同席した森田清司法務部長は、この日、3選手に対し、契約解除と無期限失格処分となった旨を、都内で個別に伝えたことを明かした。

    同法務部長によると、処分を伝えられた福田は「始めは軽はずみに興味本位で始めてしまったが、その後もどうしてもやめられなかった。
    そういうことに手を出した甘さをとても後悔している」と悔やんでいたという。

    笠原は「(引責辞任した)原沢代表を含め、いろんな人の人生をむちゃくちゃにして、償っても償いきれない気持ちを、死ぬまで引きずるだろう」、
    松本は「自分なりに反省している。いろんな人たちに申し訳ない」などと話していたという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151110-00000096-dal-base
    デイリースポーツ 11月10日(火)20時49分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151110-00000096-dal-base.view-000
    2カ月間の取締役報酬を自主的に全額返上とする渡辺恒雄最高顧問

    http://bis.npb.or.jp/players/31435112.html
    福田 成績

    http://bis.npb.or.jp/players/51555118.html
    笠原 成績
    【巨人軍、野球賭博ニュースまとめ】の続きを読む

    5
    巨人はここまで弱くなったのか?|東海大相模の野球のほうが見ていて楽しい

     巨人は24日、川崎市のジャイアンツ球場で、シーズン中では極めて異例の特別バント練習を行った。川相昌弘ヘッドコーチ(50)を筆頭に全6コーチが集結。23日の広島戦(マツダ)でバントミスを犯した亀井善行外野手(33)ら指名された5選手が約1時間、黙々と打球を転がした。首位・阪神とは2・5ゲーム差で、25日からは3位・ヤクルトとの3連戦。原辰徳監督(57)は今こそ、ポジティブ思考の大切さを説いた。

     ホームベース付近は瞬く間に大量の白球で埋め尽くされた。ジャイアンツ球場の室内練習場で行われた異例のバント練習。通算533犠打の世界記録を持つ川相ヘッドコーチは、参加した5人に犠打の重要性を説いた。

     「バントも打撃や守備と一緒。しっかり決めないと流れが相手にいってしまう。死にものぐるいで転がそう!」

     今季のバント成功率・698は12球団ワースト。前日の広島戦も2回に投手の田口がスクイズを、8回無死一、二塁では亀井が犠打を失敗するなど、細かなミスが相次ぎ、11安打を放ちながら1点しか奪えずに敗れた。試合後、川相ヘッドの発案でミスを犯した亀井のほか、バント機会の多い立岡、小林、吉川、橋本が休日返上で練習を行うことが決まり、この日朝、広島から帰京後すぐにグラウンドに集まった。

     長打力が望めない分、細かいプレーの重要度は増す。川相ヘッドは「膝と肘で受け止めるように」などと熱血指導。5選手は村田総合コーチら6人のコーチ陣が見守る中、約1時間、打撃マシンを相手にひたすら転がした。亀井は「ミスしないために練習するのは当然。次は失敗できない」と言えば、立岡も「ミスで相手に流れを渡さないようにしたい」と気を引き締めた。

     広島3連戦を1勝2敗と負け越し、首位・阪神とは2・5ゲーム差に広がった。それでも、原監督はあえてポジティブに捉えた。広島空港で対応し「なかなか乗り切れないな、このチームは。面白いチームだ。まだまだ続くぜ、面白さが。カッカしながらよ」と説明した後、「いと楽し!」と声のトーンを上げた。

     残り27試合。「終わったことを考えても何も生まれないよ。生まれるのは白髪か、心の傷か」。この苦境を打開するために「とにかく前を向け」と指揮官は言いたげだった。 (青木 貴紀)

     ▽いと 古語の副詞で、現代語に訳すと「大変、非常に、本当に」という意味。程度の大きさを強調する時に用いる。古典では「いとをかし(=大変趣がある・枕草子)」が有名。ただし、文末に否定語が付いた場合は「たいして、それほど」という意味になる。

     
     
    バンド練習よりも打率をあげようよって
    【巨人はここまで弱くなったのか?|東海大相模の野球のほうが見ていて楽しい】の続きを読む

    村田の非常宣告、阿部敬遠代打由伸

    ◆巨人―DeNA(30日・京セラドーム)

     村田に非情宣告が下された。

     両軍無得点で迎えた8回1死二、三塁。打者・阿部が敬遠されている場面で、ネクストバッターズサークルで打席を待っていた村田がベンチに下がり、代打・高橋由伸が告げられた。

    【写真】絶好調時のマートンを連想させる新外国人カステヤーノスのフォーム

     その高橋由は、きっちりと左犠飛。待望の先制点を奪い取った。

     
     
    【村田の非常宣告、阿部敬遠代打由伸】の続きを読む

    5

    セリーグ貯金なしどうなっているだ|ネット意見まとめ

     

    スポンサードリンク

     

    セリーグ史上初の貯金『0』異常事態6位まで2.5差

    ◆巨人2―7DeNA(23日・東京ドーム)

     巨人がDeNAに逆転負けし、最大9あった貯金がなくなった。2回に相川の3号2ランで先制したが、高木勇が6回、倉本に同点2点打を浴び、代わった戸根も下園に勝ち越し2点打を許した。高木勇は6回途中4失点で5敗目。5カード連続勝ち越しなしで、4月15日以来の勝率5割となった。DeNAの連敗は12でストップ。セ・リーグは全チーム貯金がなくなる異常事態で、首位から6位までが2・5差の大混戦となった。

    【写真】巨人に勝ち連敗を12で止めたキヨシはバンザイ

     ダイビングした長野のグラブに、ボールは収まらなかった。同点の6回2死満塁で、代打・下園の打球は勝ち越し打となって外野芝生を転がった。4日の時点で最大9あった貯金を、ついにすべて吐き出した。原監督は、努めて淡々と言った。「こういう勝率の中で、仕方がない。しっかり受け止める。貯金をこれから、1つでも2つでも増やす。現実を直視し、つなげていくのが大事」と、リスタートを強調した。

     初めてカード頭を託した高木勇が2点リードの6回2死から四球を連発して逆転を許した。「リスタート打線」も相川の2ランだけに終わり、12連敗中のDeNAに屈した。「5回2/3とかは、先発が一番苦しいところ。2死から四球が絡むと、ああいう(相手を乗せる)感じになる。2点で勝つのも簡単じゃない。やはり投打のバランス。両方ともが、もう少し力を出すことが大切」。ここ5カードはすべて初戦を落として2勝11敗。この間、逆転負けは7度。6月は5勝11敗となり、初の月間負け越しも決まった。

     交流戦から続く負のスパイラル。かつて「うまい選手より強い選手」を求めた指揮官は今、ナインに何を望むのか。「こういうときほど、失敗を恐れない攻撃的なプレーだね。野球にはどちらかというと、安全にいってしまっての成功というのもある。今は攻撃的なプレーに、一人一人が徹することだ」

     負けが込めば結果が欲しくなる。当てにいく打撃。置きに行く投球。しかし、それで結果が出たとしても、後に何も残らない。逆境をひっくり返すには、リスクも冒し、ベンチの顔色などうかがわない破天荒さ―それこそ野性味を取り戻すことが必要だ。

     光明はある。例えば、阿部、村田の両巨頭。阿部は4打数1安打も、6回の打席では右翼ポール際への大ファウルを放ち、8回には中前打。試合前には早出特打を敢行した。首痛から復帰後は低い位置に構える脱力打法を試していたが、この日から以前のように上段に構え、力強く振り下ろした。6番から8番に降格した村田も、復帰4試合目で初のマルチ安打。強引に引っ張っての一打には、村田修一らしさが見えた。

     阿部の話題を振られた原監督は「目の色を変えてやっている。明日から行くでしょう」と短い言葉に期待を込めた。「何とかみんなで打って明日勝ちたい」と阿部。村田も「頑張ります」と誓った。胸突き八丁はこれから。裸一貫。出直すだけだ。(太田 倫)

     【注】セの優勝決定方法は勝率で並んだ場合、勝利数が多い球団が上位となるが、シーズン途中のため本紙では阪神を1位タイと扱いました。

     
     
    【セリーグ貯金なしどうなっているだ|ネット意見まとめ】の続きを読む

    5
    ポスト原監督 桑田真澄氏、江川卓氏、川相昌弘ヘッドコーチ|実際誰が良い??

     

    巨人を率いて通算12年に及ぶ原辰徳監督だが、今季限りで契約切れを迎える。早くも球団内外では、次期監督の名前が取り沙汰されている。松井秀喜氏や横浜の中畑清監督、中日の落合博満GMの名前も挙がっている。

     ポスト原となれば、前出の3人に匹敵するビッグネームの人選が求められる。他に名前が挙がるのが桑田真澄氏だ。

     引退後の桑田氏は理論派指導者として東大の特別コーチに就任。大きな故障を乗り越えて復活した経験や、メジャーでも投げたという実績は指導者として役に立つだろう。しかも近年、巨人の監督を経験した投手出身者は藤田元司氏、堀内恒夫氏と全員が背番号18番。この符合も意味深だ。

     そしてエースといえば、もう1人の大物にも光が当たりつつある。“万年候補”といわれながら、入閣すらなかった江川卓氏だ。

     江川氏は以前、ユニフォームに大きく近づいたことがあった。「清武の乱」が起きた2011年のことだ。

    「清武の乱」とは2011年11月、巨人の球団代表兼GMだった清武英利氏が「読売巨人軍のコンプライアンス上の重大な件」とする記者会見を開き、渡辺恒雄会長(当時)にコーチ人事を鶴の一声で覆されたなどと批判。ヘッドコーチには岡崎郁氏の留任が内定していたが、これを渡辺会長に反故にされ、江川卓氏をヘッドコーチに招聘すると聞かされた、という主張だった。巨人側はこの会見の直後に清武氏を解任した。スポーツジャーナリストが語る。

    「この時、江川氏が原監督の下でヘッドコーチとして入閣し、その後の監督としての道を作る話があった。これは渡辺最高顧問の盟友である、氏家齊一郎・元日本テレビ会長の意向があったといわれる。

     氏家氏は2011年3月に亡くなるが、その直前に渡辺最高顧問と会食した際、『江川を何とかしてやってくれ』という遺言めいた言葉を託したとされている。義理堅い渡辺最高顧問は、その言葉がまだ脳裏にあるはず」

     巨人OBはどう考えているのか。広岡達朗氏は、今年の4月に急遽監督代行を務めた川相昌弘ヘッドコーチの手腕を評価する。

    「原よりも川相の方が何倍も監督らしかった。どっしりと構えて、原のようにわけのわからない用兵をすることがなかった。監督のやり方や説明について、選手はなるほどと思えなければ信頼しませんよ」(同前)

     代行監督としての成績は4勝1敗。開幕から調子の上がらなかった巨人の借金を返済して5割復帰を果たし、わずか5試合で川相カラーを見せつけた。彼も立派なポスト原候補といえるだろう。

    ※週刊ポスト2015年6月26日号

     

    ネット評価

     

    【ポスト原監督 桑田真澄氏、江川卓氏、川相昌弘ヘッドコーチ|実際誰が良い??】の続きを読む

    このページのトップヘ