プロ野球2chまとめブログ

プロ野球ファンがお伝えする…徹底的プロ野球まとめブログ

    スポンサードリンク

    プロ野球

    セパ交流戦2016年も18試合


     日本プロ野球機構(NPB)は25日、2016年の「日本生命セ・パ交流戦」日程が決定したことを発表した。

     大会形式は昨年と同様、最終的にリーグ通算勝利数で勝ち越しを達成したリーグ、および最高勝率球団を表彰する形式となっている。

     今年で12年目となる交流戦だが、パリーグが通算成績で6年連続の勝ち越しを決めていて、全体を見てもセリーグでは巨人の2回以外はパリーグが制している。

    昨年はソフトバンクが.667の最高勝率、MVPには柳田悠岐が選出された。

    今年も交流戦で白熱の試合が展開されていくことを期待したい。2016年「日本生命セ・パ交流戦」試合日程は以下の通り。

    ◆2016年「日本生命セ・パ交流戦」日程
    2016年5月31日(火)~6月19日(日)※予備日は除く

     セ、パ両リーグは25日、今年のセ・パ交流戦の詳細日程などを発表した。
     5月31日に開幕し、いずれもパの本拠地で開催される6カードは全てナイターとなった。
     各チームは他リーグ6球団と3試合ずつの18試合(ホーム、ビジター各9試合)で、計108試合を行う。昨年と同じリーグ間の対抗戦となり、勝ち越しリーグの1位から6位球団に1000万~100万円の賞金が順位に応じて贈られる。全チームを通じて最高勝率球団は、賞金500万円を獲得する。
     特別協賛社には12年連続で日本生命が決定した。 

     

     

    交流戦ってもう少しあってもいいと思うんですけどね汗

     

    【セパ交流戦2016年も18試合】の続きを読む

    5

     堂林翔太(広島)、中田賢一(ソフトバンク)などが女子アナウンサーと結婚するなど、2014年オフも23人の選手が結婚した。

     チーム別で見ると、日本一になったソフトバンクが4人と一番多く、その次がセ・リーグ三連覇した巨人、2年連続Aクラスの広島の3人となっている。また浦野博司(日本ハム)、大田泰示(巨人)は12月24日のクリスマスイブに婚姻届を提出。

     オフに伴侶を得た選手たちは、昨季以上の活躍を見せることができるのだろうか。

     オフに結婚した選手は以下の通り

    ◆オフに結婚した選手一覧
    ●ソフトバンク
    中田賢一/投手
    巽真悟/投手
    森唯斗/投手
    細山田武史/捕手

    ●オリックス
    松葉貴大/投手

    ●日本ハム
    浦野博司/投手

    ●ロッテ
    荻野貴司/外野手

    ●西武
    高橋朋己/投手

    ●楽天
    伊東亮太/内野手*
    島内宏明/外野手

    ●巨人
    高木京介/投手
    寺内崇幸/内野手
    大田泰示/外野手

    ●阪神
    玉置隆/投手
    小豆畑眞也/捕手

    ●広島
    上本崇司/内野手
    堂林翔太/内野手
    安部友裕/内野手

    ●中日
    松井雅人/捕手
    福田永将/内野手

    ●DeNA
    萬谷康平/投手

    ●ヤクルト
    古野正人/投手
    寺田哲也/投手*

    *新人選手

    BASEBALL KING

     侍ジャパンの小久保裕紀監督(42)は17日、都内で記者会見し、11月に行われる日米野球の第1次選考選手として広島・前田健太投手(26)ら6選手を選出したと発表した。8年ぶりに開催される日米野球に向けて中心選手を異例の早期選出。2017年開催予定の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を見据え、4番には日本ハム・中田翔内野手(25)を固定し、MLBオールスターに真剣勝負を挑む。

    【写真】侍ジャパンの小久保監督(左)と握手を交わすオリックス金子

     本番まであと4カ月もある。シーズン前半戦を終えたばかりで、まず6選手を選んだ。小久保監督のチーム編成への高い意識がそこにある。

     「過去の日米野球はどちらかといえば親善試合だった。でも、今回は真剣勝負で勝ちにいく。17年WBCへ強化試合の意味合いが強い。この6人は“中心になってやってほしい”という要望を快く受けてもらった」

     小久保ジャパンの最大の目標は3年後の世界一奪還。そのスタートとなる日米野球は、過去のそれと意味が違う。かつては所属チームごとのユニホームだったが、今回は侍ユニホーム。小久保監督は「代表は背負うものがある」と続けた。日の丸の自覚、そして強化と育成。それを球界全体に意識付けするための早期選出であり、3年後に中心となる「6人の侍」に対して「レギュラーシーズン最優先だが、同時に代表の自覚を持ってほしい」とも注文した。

     残るメンバー選考はシーズン後だが、小久保監督は早くも4番に中田を指名した。昨年11月の台湾戦でも4番に起用。「日本人で一番遠くへ飛ばせる打者。4番は長距離砲というのが僕の考え」と言い切った。前田健、金子は投手陣の中心、走攻守で外野は糸井、内野は坂本が引っ張り、嶋がチームをまとめる。そして不動の主砲・中田は「素直にうれしいし、今から興奮している。ホームランを1本でも2本でも打ちたい。メジャーの投手の力に負けない力で打ち返したい」と意気込んだ。

     初の日米野球が行われてから81年。メジャーと真剣勝負で侍ジャパンは世界一へ走りだす。

     ▽前回の日米野球 06年に全5試合で開催され、全米選抜が1934年以来、72年ぶりの全勝(5連勝)を達成した。MVPは日米野球タイ記録の4本塁打を放った、この年ナ・リーグ本塁打、打点2冠王のハワード(フィリーズ)。井口(ホワイトソックス)、城島(マリナーズ)が全米の一員として来日。日本は井川(阪神)、和田(ソフトバンク)、阿部(巨人)、村田(横浜)、青木(ヤクルト)らが出場していた。

    10:2014/07/17(木) 17:37:12.86 ID:
    中田はぐう凡で終わったね(諦観)
    【小久保監督|中田4番決定】の続きを読む

    パ監督はロッテ・伊東監督に決定

     今年のプロ野球オールスターゲーム(18日=西武ドーム、19日=甲子園)で、“空位”となっていたパ・リーグ監督問題は14日、ロッテ・伊東勤監督(51)が指揮を執ることで決着した。同日午後3時、同リーグから発表された。

     監督問題に関しては、本来指揮を執るべき前年の優勝チーム、楽天・星野仙一監督(67)が12日、腰痛による「体調不安定」を理由に正式辞退を表明。現在は大久保監督が代行を務め、同2位の西武も伊原監督の辞任にともない田辺監督が代行の立場だ。

     こうした状況に、日本野球機構(NPB)と運営側は前年3位のロッテに対し、水面下で伊東監督の「代理指揮」を要請していた。

     伊東監督はかねてから「自分が引き受けることはありません。直前のいまになって『監督』と言われても筋が違う」と断固拒否の姿勢を示していたが、13日夜までに星野監督から直接、伊東監督のもとに一連の騒動に対する謝罪と就任要請の電話があり、最後の最後で伊東監督も「受諾」した形だ。

     なお、全パのコーチは楽天・大久保、西武・田辺の両監督代行が務め、伊東監督をサポートする。

    ツイッターの声
    【パ監督はロッテ・伊東監督に決定】の続きを読む

    このページのトップヘ