プロ野球2chまとめブログ

プロ野球ファンがお伝えする…徹底的プロ野球まとめブログ

    スポンサードリンク

    引退選手

    5

    種田仁ギャンブルで自己破産|ネット評価まとめ


    ツイッターでも騒ぎになっています

     

     
    【種田仁ギャンブルで自己破産|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    桑田氏が巨人入団騒動を語る「当時の早稲田の受験票を今でも持ってます」

     巨人のエースとして現役時代通算173勝を挙げた桑田真澄氏が23日、BS朝日の『ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~』に出演し、85年のドラフト騒動について語った。

     桑田氏はPL学園高時代、清原和博氏とともに『KKコンビ』と呼ばれ、1年夏から5季連続で甲子園に出場し、2度の全国優勝を経験している。自身も甲子園で通算20勝を挙げた。

     高校時代、清原氏とともに数々の栄光を手にしたが、85年のドラフトで2人の運命を分けることになる。当時、桑田氏は早稲田大の進学を希望していたが、巨人が桑田氏を単独で1位指名。巨人入りを熱望していた清原氏は西武に入団することになり、悔し涙を流した。桑田氏はヒーローから一転、悪役になってしまった。

     桑田氏は当時について「(巨人に)指名されなければ早稲田に行く。巨人に指名されたら巨人へ行きたかった」と振り返る。ただ、当時は巨人を含めた3球団が指名することが予想されていたそうで、「もし3球団から僕を指名していれば抽選ですよね。巨人だけが、僕を指名しました。当然密約と言われても仕方がない。ただ僕は誰にも言わなかった。あの3球団が僕を指名して、くじ引きだったらどうだったのかなと思うと、自分の人生が変わっているかもしれない」と明かした。

     結果的に希望していた巨人に入団を決めた桑田氏は、「早稲田大にも謝罪ましたし、関係者とも会って、厳しいことを言われました。でも、僕の人生なので僕はこういう風に決断しました」と伝えたそうだ。そういった経緯もあってか、「僕は今でも当時の早稲田の受験票を持っています」と告白。

     プロ入り後は桑田氏が巨人で、清原氏は西武で活躍。97年清原氏がFAで巨人に入団してからは、9年間同じチームで一緒にプレーした。

    BASEBALL KING

     
     
     
    【桑田氏が巨人入団騒動を語る「当時の早稲田の受験票を今でも持ってます」】の続きを読む

    5
    広岡氏の発言についていろいろなまとめ

      11日の阪神-巨人戦は、巨人が6-2で3連勝。両者のゲーム差は7.5に広がり、3位阪神の終戦がいよいよハッキリした。首位の巨人はラストスパートに向けて勢いが加速しそうだが、球界の重鎮で巨人OBの広岡達朗氏(82=元ヤクルト、西武監督)は、巨人には「優勝の資格なし」と断言するのだ。

    【結婚は?】“夜の首位打者”坂本勇人と田中理恵のハードル

    ■今年の原監督には信念が見えない

     今年の巨人は、優勝したらいけませんよ。
     問題は原監督の采配。今年に限ってはやりたいことが全然分からない。まともな野球をやっていません。電話をかけてもきちっと話ができる律義な男なんだけどね。今のやり方を見ていると、本当に巨人で育った人間なのかと思ってしまう。

     理解できないのは打順の組み方です。阿部が4番を打っていると思ったら、ある日は7番を打ったり8番を打ったり。村田にしてもそう。5月に急にキューバからやってきたセペダに、いきなり4番を打たせるなんて考えられません。阿部も気分が乗らなかったでしょう。「何でオレが7番なんだ」と文句を言ったらいい。去年の楽天は4番のジョーンズ、5番のマギー(退団)を固定して日本一になった。今年の原監督には、オレだったらこれでいく、というブレない形や信念が見えないんですよ。

     4番というのは4番を打つ資格のある人が打つもの。阿部や村田が原監督のお眼鏡にかなわないというのなら、「4番を打てないなら辞めなさい」と言うべき。それなら分かる。7番でも8番でも使うというのは、昔の巨人にはなかった。4番は、打てなくなったら辞める。長嶋も王もそうでした。

     そういう教育が今の巨人にはない。巨人魂というか、伝統が消えてしまったと感じる。4番がダメなら7番、8番を打てばいいというなら、ユニホームを脱がなくていいから楽ですよ。他球団は良くも悪くも巨人の真似をする。原監督にはそういうことも考えてやってほしいですね。

     坂本勇人がヤクルトの宮本慎也(引退)に守備を教わったり、中日から井端弘和が移籍してきて「教わりたい」と言ったりしているけど、時代は変わったと思う。僕は現役時代、一塁の川上哲治さんから「オレは守備が下手だから、捕れる範囲のボール以外は捕らん」と言われた。別所毅彦さんからは「あんな下手なショート代えてくれ」と言われて、絶対にうまくなってやると思ったもんです。

     コーチも良くない。今の巨人で打撃を教えているのは原ひとりだけでしょ。コーチは何をやっとるんだと。よう、選手にモノが言えんのでしょう。

     私も82歳。自分がいなくなった後の日本、日本の野球界はどうなっていくのか。心配で仕方ありません。

    ▽ひろおか・たつろう 野球評論家。1932年、広島県生まれ。呉三津田高、早大を経て54年に巨人入団。66年オフに現役引退後、広島、ヤクルトでコーチを務め、76年からヤクルト監督を4年、82年から西武監督を4年務め、計8年間で優勝4回、日本一3回。95年にはロッテで日本球界初のGMに就任した。

    日刊ゲンダイ

     
    原監督は、4番争いを現実のシリーズでやっていた
    それほどの戦力だった

    ってことでしょ…

    このページのトップヘ