プロ野球2chまとめブログ

プロ野球ファンがお伝えする…徹底的プロ野球まとめブログ

    スポンサードリンク

    過去のプロ野球

    5

    カズ山本をこの際注目してみようwww

     


    山本和範




    この項目では、プロ野球選手(外野手)について説明しています。千葉ロッテマリーンズ・北海道日本ハムファイターズに所属したプロ野球選手(投手)については「山本一徳」をご覧ください。 山本 和範 福岡オーシャンズ9 監督 基本情報 国籍日本の旗 日本 出身地福岡県北九州市小倉北区 生年月日 1957年10月18日(58歳) 身長 体重 180 cm 80 kg 選手情報 投球・打席左投左打 ポジション外野手 プロ入り 1976年 ドラフト5位 初出場 1980年4月5日 最終出場 1999年9月30日 経歴(括弧内はプロチーム在籍年度) 選手歴 北九州市立戸畑商業高等学校近鉄バファローズ (1977 - 1982) 南海ホークス福岡ダイエーホークス (1983 - 1995) 近鉄バファローズ大阪近鉄バファローズ (1996 - 1999) 監督歴 福岡オーシャンズ9 この表について[表示] 山本 和範(やまもと かずのり、1957年10月18日 - )は、福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)出身の元プロ野球選手(外野手)。1994年シーズン後半戦から1995年シーズンまでの登録名はカズ山本。 現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシースポーツ部に所属し、カズ山本の芸名でタレント活動する傍ら、社会人野球クラブチームの福岡オーシャンズ9の監督を務めるなど多方面で活躍している。
    yamamoto



    youtubeで見てみる
    まぐれですね・・・ 


    1996年、「まぐれですよ」カズ山本、涙のオールスター代打ホームラン




    山本和範 男気 野球人生


    スポンサードリンク

     

     

    1:2014/03/26(水) 23:54:43.95 ID:
    不屈の闘志だった…!
    5:2014/03/27(木) 05:49:54.84 ID:
    >>1
    怒り新党見ただろ
    2:2014/03/27(木) 00:11:47.32 ID:
    昭和切っての不死鳥、今頃は・・・
    3:2014/03/27(木) 00:16:03.68 ID:
    近鉄でも活躍してたなぁ。
    【カズ山本(山本和範)をこの際注目してみようwww】の続きを読む

    清原和博逮捕の衝撃(1)
     
    最後まで消えなかった黒い「噂」

     噂は本当だった…。元巨人の清原和博容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。

     事の発端は2014年春、某週刊誌に「薬物疑惑」の記事が掲載されたことだった。当時、清原氏は現役を引退し、バラエティ番組を中心に、野球解説、パチンコ店のキャラクターなど芸能活動を主に行い、順風満々に映っていた。が、その一方で「薬」に関する噂が業界内を飛び回っていたのも事実だった。

     「足に大きな龍の刺青が入っているのは、某週刊誌に撮られてるから、世間も知っていると思うけど、肩の部分に入っている刺青は、もっとすごいよ。楕円形というか、昔の任侠映画に出てくるようなっていえば分かりやすいかな」と親しい関係者は語る。

     また、週刊誌報道にあったように、ちょうどそのころ「清原が薬をやっているらしい」「売人を探している」などの噂が飛び交った。

     バラエティ番組のプロデューサーらも、あくまで「噂」のレベルだが薬物疑惑のかかった清原氏の出演を見合わせる形となり、その後テレビから清原氏の姿は消えることになった。

     その年の9月、疑惑に輪をかけるように妻・亜希さんとの離婚を発表。愛してやまなかった愛息2人とも別れることになる。普段は本当に子煩悩の親だった。

     「子供たちが可愛くて仕方ない様子だった。次男は俺を超えるバッターになるなんて言ってたしね。息子たちの学芸会とか、イベントごとには人目を気にせずに、本当に良く行ってたよ。あんなに目立つから、普通は嫌がるのかななんて思うけど、お構いなしで、他の父兄に交じって声援送ってたりね。本当にいい父親ってかんじでしたよ」と前出の関係者。
     
     清原氏が姿を消してから約8か月。突然姿を現した。12月に行われた親友・佐々木主浩氏の野球殿堂入りパーティーだった。

     げっそりと痩せ細った姿は、集まった関係者そして報道陣を驚かせた。その変わり果てた姿に「本当に薬をやっているんじゃ…」と話す人も多かった。

     だが、実際にその場で会話をした関係者によると「ろれつも普通でしたし、確かに痩せてはいましたけど、思ったより元気そうでしたよ。冗談も言って笑ってましたし、薬物中毒には見えなかった。本当に中身はいつもの清原さんでした」と当時を振り返る。
     
     しかし、そのころ。当局が動き出していたのは誰も知る由もない…。

    (続く:(2)薬物使用は「周知の事実だった」!?)

     

    清原和博逮捕の衝撃(2)

     

    公安による“徹底マーク”と“慎重な捜査”

     週刊誌による薬物疑惑報道が出た2014年以前から、公安は清原容疑者をマークしていた。

     それも2方向からだった。ひとつは警視庁、そしてもうひとつは厚生労働省地方厚生局麻薬取締部(通称・麻薬Gメン)。

     「以前からの交友関係、さらに様々な情報から、清原が薬物を使っているというのは周知の事実だった」とある捜査関係者は話す。

     ただし、相手は超有名人。高級ホテルや、一般人が出入りできないような場所で薬物を使用している可能性が高く、捜査は困難を極めたという。

     現役時代から、“闇社会”とのつながりがあったとされる清原。暴力団関係者などからの内偵捜査で瞬く間に情報が集まり、証言や目撃談などを集めた資料は莫大な量だったという。

     また、職務質問ができない麻薬Gメンたちは自宅前のゴミをあさり、何とか清原の体液がついた衣類、そして毛髪を集めようと必死になっていたという情報もある。

     2方向から捜査の手が迫っていた清原容疑者。本人はその気配を感じていたのであろうか…?恐らく気づいていなかったはずだ。

     現在の住居は都内の一等地に所在する高級マンション。家賃50万円とも言われるこの住居はセキュリティも万全で、まさか警察が乗り込んでくるとは思っていなかったように思える。

     「何もかも豪快な人ですが、一方で繊細な面もある。細かなことを結構気にするし、心配事があると根掘り葉掘り自分が安心するまで追求するようなタイプ。まさか自宅で薬をやっているとはね。自宅が安全と思っていたのか…」と関係者は声を詰まらせた。

     さらに「亜希さんが離婚して子供を連れて出て行った。まさか家族で住んでいた家でもやっていたのか…。今は彼に対して怒りしか出てこない」とも話している。

     結局、最後は警視庁が令状を取り、家宅捜査。自宅から覚せい剤と注射器3本、さらに吸引用とみられるストローとパイプが1本ずつ見つかり、現行犯逮捕。

     清原逮捕の波紋は、球界に大きな衝撃を与えた。

    (続く:(3)盟友たちが信じた「絶対にやってない」の言葉…)

     
    【清原和博逮捕の衝撃】の続きを読む

    5
    清原和博、覚醒剤所持で逮捕…
    TVで速報ながれる。 



    1
    :2016/02/02(火) 23:40:27.40 ID:
    テレビ
    80:2016/02/02(火) 23:41:35.06 ID:
    >>1
    拾ってきたぞ
    101:2016/02/02(火) 23:41:45.15 ID:
    >>1
    剥奪
    3:2016/02/02(火) 23:40:39.09 ID:
    ワロタ
    【[速報]清原和博、覚醒剤所持で逮捕】の続きを読む

    5

    長嶋一茂・・・こんなことを言っては品格が

     

     元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(49)が7日、フジテレビ系トークバラエティー「ワイドナショー」(日曜、前10・55)にコメンテーターとして出演し、東京六大学野球の特性などを解説しながら、自身が立大時代の慶大戦で相手チアリーダーに興奮していた様子を赤裸々に明かした。

     番組では今年の早慶戦で新デザインのポスターが採用されたことをテーマにトークが進められた。一茂は春夏の早慶戦が当該シーズンの順位に関わらず、必ずリーグ最終週に行われ、立大、法大、明大、東大の4校の選手らは早慶戦後の閉会式に出席する習わしを説明。また、今春連敗記録を94で止めた東大に対しては、自身が現役時代にも立大の先輩から「頭で負けて体力でも負けたら、俺たちの存在価値がない」とプレッシャーをかけられていたことを振り返った。

     さらに一茂は「当時から慶大のチアリーダーがかわいくて、俺は目がいいからスタンドもよく見えるし、バッターボックスでは(慶大応援席の)チアリーダーを見て下半身が興奮し、第3の足でステップしていた」と暴走気味にコメントした。

     
     
    1:2015/06/07(日) 12:05:57.42 ID:
    元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(49)が7日、フジテレビ系トークバラエティー「ワイドナショー」(日曜、前10・55)にコメンテーターとして出演し、
    東京六大学野球の特性などを解説しながら、自身が立大時代の慶大戦で相手チアリーダーに興奮していた様子を赤裸々に明かした。

    番組では今年の早慶戦で新デザインのポスターが採用されたことをテーマにトークが進められた。
    一茂は春夏の早慶戦が当該シーズンの順位に関わらず、必ずリーグ最終週に行われ、
    立大、法大、明大、東大の4校の選手らは早慶戦後の閉会式に出席する習わしを説明。

    また、今春連敗記録を94で止めた東大に対しては、自身が現役時代にも立大の先輩から
    「頭で負けて体力でも負けたら、俺たちの存在価値がない」とプレッシャーをかけられていたことを振り返った。

    さらに一茂は「当時から慶大のチアリーダーがかわいくて、俺は目がいいからスタンドもよく見えるし、
    バッターボックスでは(慶大応援席の)チアリーダーを見て下半身が興奮し、第3の足でステップしていた」と暴走味にコメントした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150607-00000039-dal-ent
    【長嶋一茂・・・こんなことを言っては品格が】の続きを読む

    このページのトップヘ