解説者がイチ押しする「2015年プロ野球、期待の7人」 | まとめ

 プロ野球にはペナントレースを牽引する活躍を見せる選手や、次代のプロ野球界を担う若い選手が、毎年のように登場する。昨シーズンは山田哲人(ヤクルト)がリーグトップとなるシーズン193安打をマークして大ブレイクした。はたして今季も、ファンを魅了するパフォーマンスを見せてくれる選手はいるのだろうか。7人の解説者に「今季イチ押しの選手」を挙げてもらった。

ヤクルトナインが語る「黒田博樹ツーシーム体験記」

■田口壮氏(元オリックス、カージナルスほか)

「やはり今年は広島の黒田博樹(投手/右投右打)ですね。黒田が復帰したことによって、すでにいろんな影響が出ていると思うのですが、将来、アメリカに行きたい投手にとっては黒田のピッチングというのはすごく参考になると思います。黒田の投げるボールの軌道であったり、球数の少なさには驚いているはずです。いかにストライクゾーンで勝負することが大事かを示してくれています。

 一方、将来メジャーに挑戦したい打者にとっても、黒田のピッチングはメジャー投手を攻略するヒントになります。メジャーで5年連続2ケタ勝利の投手が日本に来ることなんて、なかなかないですからね。黒田の日本球界復帰は、特に若い選手たちにとっては投手、野手問わず、いい影響をもたらすはずです」

■与田剛(元中日、ロッテなど。第2回と第3回WBC投手コーチ)

「先発から抑えに転向した楽天・松井裕樹(投手/左投左打)に注目しています。彼のいいところというのは、三振を取れること。必殺パターンを持っていますよね。それに今年はコントロールが良くなっているので、自滅することがなさそうです。私は、リリーフの適性はあると思っています。ただ、大久保博元監督をはじめ、首脳陣、フロントは本当に勇気ある決断をしたと思います。『リリーフがダメなら先発に戻しましょう』とは簡単に言えないでしょう。そこまでの覚悟があっての転向だと思いますので、彼らしい豪快なピッチングを見せてほしいと思います」

■山崎武司(元中日、オリックス、楽天)

「今年、大化けする可能性を秘めているのがDeNAの筒香嘉智(外野手/右投左打)です。昨年に比べ、今年は打球が強くなっている。バッティングの形が完成しつつある証拠です。トップを作ってからしっかり振りにいっているので、強いスイングができるし、インパクトの瞬間にパンチをかけられる。だから、振り遅れたとしても逆方向に強い打球がいく。あの打球が打てれば、率も残すでしょうし、大きなスランプはなくなると思います。

 彼の悪い時というのは、トップを作る前に打ちにいってしまうのでインパクトが弱かった。でも今年の筒香は構えもどっしりしていますし、懐(ふところ)が深い。覚醒したと言ってもいいでしょう。インコースを捌(さば)くのもうまいし、今年は3割、30本塁打、100打点はクリアしてほしいですね。それぐらいは残せる打者です」

■野村弘樹(元横浜。のちに横浜投手コーチ)

「セ・リーグは各チームとも正捕手争いが繰り広げられていますが、その中でも巨人の小林誠司(捕手/右投右打)がどこまでやれるのか期待しています。巨人捕手の絶対的存在だった阿部慎之助を一塁にコンバートさせてまでポジションを空けたのは、小林を育てたいからにほかありません。今年中に何とか一本立ちしてほしいというのが、原辰徳監督の願いではないでしょうか。

 相川亮二が負傷により戦線離脱し、コンバートしたはずの阿部が再びマスクを被りました。つまり、まだ全幅の信頼を寄せられていない証拠です。小林はキャッチングはうまいし、肩も強い。ディフェンスに関しては問題ありません。あとはリード面でどれだけ投手陣を引っ張っていけるかでしょうね。この悔しさをバネにどこまで成長するのか、今後の小林に注目していきたいです」

■大塚光二(元西武。昨年まで日本ハム守備・走塁コーチ)

「どのチームにも期待したい選手はいるのですが、その中でも潜在能力の高さで目をひくのが、日本ハムの2年目・岡大海(外野手/右投右打)です。ルーキーイヤーの昨年も開幕一軍を果たすなど、首脳陣からの評価はすごく高かった選手です。ただ昨季は5月にケガをしてシーズンを棒に振ってしまいましたが、今季はキャンプから順調な仕上がりを見せています。

 彼の特長は、100メートル11秒1の足と、遠投120メートルの肩、そして一発のある打撃力です。大型選手(身長185センチ、体重83キロ)でありながら、スピード感があり、器用さも兼ね備えています。将来的にはチームメイトである陽岱鋼のような選手になるのではないでしょうか。日本ハムが大学生の野手を獲ること自体、珍しいことです。それだけでも岡に対する期待の大きさがわかります」

■野口寿浩(元ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜)

「オリックスのドラフト4位ルーキー・高木伴(投手/右投右打)は、面白い存在になるというか、キャンプ、オープン戦を見て、唯一、受けてみたいと思ったピッチャーでした。これからの使われ方はわかりませんが、私は中継ぎが面白いと思いました。ロングリリーフもできそうですし、セットアッパーとしても十分機能するような気がします。

 何といってもテンポが素晴らしいし、独特のキレがあるように思えます。彼と対戦した打者が、不思議そうに首をかしげている姿を何度も見ました。おそらく、腕の振りとボールが一致していなかったのでしょうね。打者はタイミングを取るのにひと苦労している感じでした。オリックスは投手陣、特にリリーフ陣が強力なチームです。その中に十分入っていけるだけの資質はあると思います」

■金村義明(元近鉄、中日、西武)

「キャンプ、オープン戦を見て、いい仕上がりを見せていたのが阪神です。鳥谷敬を筆頭にチームの雰囲気も良く、昨年の日本シリーズで負けた悔しさがいい意味でチームを変えたような気がします。その阪神の中で気になる選手が、島本浩也(投手/左投左打)です。昨年オフに育成選手から支配下登録されたのですが、とにかく腕の振りが素晴らしい。

 島本は、身長176センチと決して体に恵まれているわけではないのですが、右打者にはインコースのクロスファイア-、左打者には鋭く曲がるスライダーを武器に思い切り投げ込んでくる。左右に関係なく抑えることができますので、7回、もしくは8回の1イニングを任せることができると思います。経験を積めば、巨人の山口鉄也みたいな存在になるかもしれません。それぐらい期待したい選手です」

 はたして、この中からブレイクする選手は出てくるのか。この7人に注目しつつ、ペナントレースの行方を見守っていきたい。

島村誠也●文 text by Shimamura Seiya

 
田口壮氏
黒田博樹
【解説者がイチ押しする「2015年プロ野球、期待の7人」 | まとめ】の続きを読む