プロ野球2chまとめブログ

プロ野球ファンがお伝えする…徹底的プロ野球まとめブログ

    スポンサードリンク

    フランシスコ

    5

    フランシスコ・・・2軍で活躍もそれよりも汗

    ◆イースタン 西武3―9巨人(9日・高崎)

     不振のため7日に出場選手登録を抹消された巨人の新外国人、ホアン・フランシスコ内野手(27)が9日、2軍降格後初の実戦で超特大の場外アーチを放った。

    【写真】投手ゴロで菅野からの送球を落球した一塁手・フランシスコ

     この日はイースタン・リーグ西武戦(高崎)に「5番・DH」で先発出場した。四球、三振で迎えた4回1死の3打席目。地元群馬、前橋育英高出身のドラフト1位・高橋光成投手(18)の143キロ直球を強振した。打った瞬間、大歓声が上がるほどの強烈なライナーで、白球は120メートル先の中堅バックスクリーンの右側に一直線。観戦に訪れていたユニホーム姿の野球少年数人が走って追いかけるも、白球は場外に消えた。

     フランシスコは2日の阪神戦(東京D)で1軍デビュー。いきなり決勝打を放つ活躍を見せたが、その後は苦しみ5試合計18打席11三振。一塁の守備でもまずいプレーを連発し、2軍で再出発したばかりだった。

     豪快な一発の直前、4回無死一塁では「3番・左翼」で出場したフレデリク・セペダ外野手(35)が左中間中段への1号2ランを放った。巨人は助っ人2人の「アベックアーチ」などで、高橋光成から4回までに9安打8得点を挙げ、プロの洗礼を浴びせた。

     

    汚名返上のホームランって汗

     

    <イースタン・リーグ:西武3-9巨人>◇9日◇高崎

     巨人ホアン・フランシスコ内野手(27)が、中堅バックスクリーン方向への場外弾を放った。

     イースタン・リーグの西武戦に「5番・指名打者」で出場。3打席目の4回1死、カウント2-2から西武高橋光の143キロ直球を完璧にとらえた。1軍では5試合に出場したが、18打数3安打、11三振で2軍に降格。この日はメジャー通算48発の長打力を示した。

    【フランシスコ・・・2軍で活躍もそれよりも汗】の続きを読む

    5
    拙守連発フランシスコに「帰れや、デブ!」G党怒りのヤジ|いろいろなまとめ

     巨人が6日の広島戦(マツダ)に1―4で敗れ3連敗。足を引っ張ったのは、この日も新外国人のフランシスコ内野手(27)だった。

     初回、一塁前のバントを処理できずに無死一、三塁とピンチを広げると、その後に丸の中犠飛で先制された。3回にも菅野の送球を捕球できず、追加点につながる失策となった。

     敵地でまさかの3タテを食らった原監督は「あれだけ守備に足を引っ張られるとプロとして恥ずかしい」と話し、張本人であるフランシスコについては「ちょっとまあ…何て答えたらいいか分からない」とあきれ顔だった。

     無言を貫いたフランシスコには帰り際、ファンから「デブ!」「帰れやボケ!!」と容赦ないヤジを飛ばされた。G党のフラストレーションも限界に近い。

     
    拙守連発フランシスコに「帰れや、デブ!」G党怒りのヤジ
     
    【拙守連発フランシスコに「帰れや、デブ!」G党怒りのヤジ|いろいろなまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ