ヤクルト首位|いろいろなまとめ【2015年4月19日】

 ヤクルトの石川が登板4試合目でようやく今季初勝利を挙げた。

 五回には2死満塁のピンチも招いたが、持ち前の粘りで切り抜け7回7安打無失点。ここまでも内容は悪くなかったが「何年たっても初白星がつくまでは落ち着かない。投手陣はみんないいので、後れをとらないようにしたかった」と笑みがこぼれた。

 チームは3連勝で首位をキープ。真中監督は「石川もいい投球だった。投手が踏ん張ってくれているからね」と満足そうだった。(神宮)

 

 ○ヤクルト4-0DeNA●(18日、神宮)

 ヤクルトが今季3度目の3連勝。六回、雄平の2点適時二塁打と畠山の左越え2ランで4点。先発の石川は丹念にコースを突き、7回無失点で今季初勝利を挙げた。DeNAは今季3度目の零封負け。5連敗で借金1。

 ◇ヤクルト・真中監督の話

 石川は苦しいところで、よく粘った。打線も何とか応えられた。(2点を先取した後の)畠山のホームランも大きかった。

 ◇DeNA・中畑監督の話

 最後に一本が出なかった。向こうはワンチャンスをものにし、勢いの差があった。

 ◇今季4度目の正直で初勝利 ヤクルト石川「満点です」

 今季4度目の先発で初勝利を挙げたヤクルトの石川は「一つ白星がついてうれしい。満点です」。直球は130キロ台前半だが、シンカーやカットボールなどを両サイドに散らし、的を絞らせなかった。五回2死満塁のピンチでは、今月4日の対戦で2ランを打たれたDeNAの4番・筒香をカットボールで遊ゴロに。7安打を許したものの走者を出してから粘り強い持ち味を発揮し、7回を無失点。好調な投手陣のリーダー的存在の35歳は「みんなに後れをとらないようにね」と表情を引き締めていた。

 

 

ヤクルトが3連勝。六回に雄平の2点二塁打と畠山の3号2ランで4点を奪った。先発の石川は変化球を低めに集め、7回無失点で今季初勝利。八回以降は3投手が零封リレー。DeNAは打線が振るわず5連敗となり、勝率5割を切った。