プロ野球2chまとめブログ

プロ野球ファンがお伝えする…徹底的プロ野球まとめブログ

    スポンサードリンク

    清原和博

    5
    清原と桑田

    「こういうのを、『後の祭り』『下衆の後知恵』というんですよ。少なくとも私は、聞いてていい感じを受けなかった」

     作家の吉川潮氏がこう言った。清原容疑者が覚醒剤取締法違反で逮捕されたのを受けて、4日に“盟友”の桑田真澄(47)が会見。「2人で力を合わせて野球界に貢献できる日を心待ちにしたい」などと話したことに対する吉川氏の感想である。

     4~5年前から、清原に関する良からぬウワサが耳に入るたび、本人に忠告を続けていたという桑田は、「小姑のように言い続けた。それが言えるのがボクだと。ただ、小言を言われるのに嫌気が差したんでしょうね。(清原から)『一切、関わらないでくれ』と言われた」とのエピソードを明かし、それが原因で3年前に決別して以来、絶縁状態だったと告白。神妙な表情で「もうちょっとボクが言い続けた方が良かったのかな」と悔いてみせたのだが……。

    「事が起きてから、いろいろ言ったって、意味はない。清原から、関わらないでくれ、と言われたのだとしても、恩師や他の友人などの力を借りてなんとかするのが、本当の友達ってもんでしょう。放っておいてくれ、そうか分かった、と手を引いたんじゃ何もやっていないのと同じです。要するに、実際の2人は友達でも盟友でもなんでもなかったということなんだろうね。図らずも、それがよく分かりました」(前出の吉川氏)

     そもそも2人は、85年のドラフトでその関係にヒビが入った。PL学園のエースだった桑田は早大進学を表明。ところがいざ巨人に単独1位指名されると手のひらを返して巨人入り。当時の王監督からサインをもらい、巨人からの指名を信じていた清原が涙を流した姿はよく知られている。このドラフトが清原の人生に最初に影を落としたとすれば、そのキッカケをつくったのが桑田だろう。

     吉川氏は「2人は友達でもなんでもなかった」との印象を持ったと言ったが、実際、清原は13年10月の日刊スポーツのコラムで、桑田への複雑な思いを吐露している。

    「ドラフト当時は、桑田に対して思うところはあった。正直、憎かった時期もある」「桑田が早大を断って巨人に入ったために、PLの後輩は早大進学のルートを断たれた。(中略)これは動かせない事実だ」「PL野球部が衰退していく契機は、間違いなく、あのドラフトにあった。その決断に伴う責任はあるはずだ」「だから桑田の(早大大学院)進学が信じられなかった」「東大の野球部を指導している場合じゃない」「桑田はすぐ母校へ飛んでいき、名門復活の手助けをするべきだ」

     そう正論を並べ、桑田の偽善や自己中心的な言動を批判している。

     桑田は、小言を重ねて清原に煙たがられたと言ったが、むしろ清原が愛想をつかしたのだ。

     覚醒剤に手を出した清原に言い訳の余地はないが、それでも清原逮捕の報に接した球界OBや、かつてのチームメートは一様に言葉を選んでいる。それがかつての仲間へのせめてもの思いやりというものだろう。

    「まったくです。桑田は『みんなで彼を支えることも必要』と清原の更生に力を貸すようなことも言ってましたが、そういうものは報道陣の前で公言してするものではない。陰から見守り、人知れず手を貸してやるもの。桑田の言葉からは、自分をいい人に見せようという思惑が透けて見えるようで、残念でしたね」(前出の吉川氏)

     これが、まっとうなファンの感想だ。

    1:2016/02/04(木) 14:11:18.27 ID:
    いつもボールにブツブツつぶやいてたもんな
    3:2016/02/04(木) 14:18:52.91 ID:
    小言の詳細詳しく
    17:2016/02/04(木) 14:53:26.33 ID:
    巨人時代からクスリやってたんだろ
    監督がヤクザとズブズブで億単位の金を融通したり
    野球賭博やってるのが巨人軍の方針だからな
    【清原と桑田】の続きを読む

    清原和博逮捕の衝撃(1)
     
    最後まで消えなかった黒い「噂」

     噂は本当だった…。元巨人の清原和博容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。

     事の発端は2014年春、某週刊誌に「薬物疑惑」の記事が掲載されたことだった。当時、清原氏は現役を引退し、バラエティ番組を中心に、野球解説、パチンコ店のキャラクターなど芸能活動を主に行い、順風満々に映っていた。が、その一方で「薬」に関する噂が業界内を飛び回っていたのも事実だった。

     「足に大きな龍の刺青が入っているのは、某週刊誌に撮られてるから、世間も知っていると思うけど、肩の部分に入っている刺青は、もっとすごいよ。楕円形というか、昔の任侠映画に出てくるようなっていえば分かりやすいかな」と親しい関係者は語る。

     また、週刊誌報道にあったように、ちょうどそのころ「清原が薬をやっているらしい」「売人を探している」などの噂が飛び交った。

     バラエティ番組のプロデューサーらも、あくまで「噂」のレベルだが薬物疑惑のかかった清原氏の出演を見合わせる形となり、その後テレビから清原氏の姿は消えることになった。

     その年の9月、疑惑に輪をかけるように妻・亜希さんとの離婚を発表。愛してやまなかった愛息2人とも別れることになる。普段は本当に子煩悩の親だった。

     「子供たちが可愛くて仕方ない様子だった。次男は俺を超えるバッターになるなんて言ってたしね。息子たちの学芸会とか、イベントごとには人目を気にせずに、本当に良く行ってたよ。あんなに目立つから、普通は嫌がるのかななんて思うけど、お構いなしで、他の父兄に交じって声援送ってたりね。本当にいい父親ってかんじでしたよ」と前出の関係者。
     
     清原氏が姿を消してから約8か月。突然姿を現した。12月に行われた親友・佐々木主浩氏の野球殿堂入りパーティーだった。

     げっそりと痩せ細った姿は、集まった関係者そして報道陣を驚かせた。その変わり果てた姿に「本当に薬をやっているんじゃ…」と話す人も多かった。

     だが、実際にその場で会話をした関係者によると「ろれつも普通でしたし、確かに痩せてはいましたけど、思ったより元気そうでしたよ。冗談も言って笑ってましたし、薬物中毒には見えなかった。本当に中身はいつもの清原さんでした」と当時を振り返る。
     
     しかし、そのころ。当局が動き出していたのは誰も知る由もない…。

    (続く:(2)薬物使用は「周知の事実だった」!?)

     

    清原和博逮捕の衝撃(2)

     

    公安による“徹底マーク”と“慎重な捜査”

     週刊誌による薬物疑惑報道が出た2014年以前から、公安は清原容疑者をマークしていた。

     それも2方向からだった。ひとつは警視庁、そしてもうひとつは厚生労働省地方厚生局麻薬取締部(通称・麻薬Gメン)。

     「以前からの交友関係、さらに様々な情報から、清原が薬物を使っているというのは周知の事実だった」とある捜査関係者は話す。

     ただし、相手は超有名人。高級ホテルや、一般人が出入りできないような場所で薬物を使用している可能性が高く、捜査は困難を極めたという。

     現役時代から、“闇社会”とのつながりがあったとされる清原。暴力団関係者などからの内偵捜査で瞬く間に情報が集まり、証言や目撃談などを集めた資料は莫大な量だったという。

     また、職務質問ができない麻薬Gメンたちは自宅前のゴミをあさり、何とか清原の体液がついた衣類、そして毛髪を集めようと必死になっていたという情報もある。

     2方向から捜査の手が迫っていた清原容疑者。本人はその気配を感じていたのであろうか…?恐らく気づいていなかったはずだ。

     現在の住居は都内の一等地に所在する高級マンション。家賃50万円とも言われるこの住居はセキュリティも万全で、まさか警察が乗り込んでくるとは思っていなかったように思える。

     「何もかも豪快な人ですが、一方で繊細な面もある。細かなことを結構気にするし、心配事があると根掘り葉掘り自分が安心するまで追求するようなタイプ。まさか自宅で薬をやっているとはね。自宅が安全と思っていたのか…」と関係者は声を詰まらせた。

     さらに「亜希さんが離婚して子供を連れて出て行った。まさか家族で住んでいた家でもやっていたのか…。今は彼に対して怒りしか出てこない」とも話している。

     結局、最後は警視庁が令状を取り、家宅捜査。自宅から覚せい剤と注射器3本、さらに吸引用とみられるストローとパイプが1本ずつ見つかり、現行犯逮捕。

     清原逮捕の波紋は、球界に大きな衝撃を与えた。

    (続く:(3)盟友たちが信じた「絶対にやってない」の言葉…)

     
    【清原和博逮捕の衝撃】の続きを読む

    このページのトップヘ